投稿

ハンドシェイプ と サーフボードデザインソフト の話

イメージ
1 番初めにシェイプソフトを使い出したのは 17 年前くらいだったかな?その頃はシェイプ初めて 5 年程度で丁度クラークフォームも潰れた時で国産のブランクスの開発などを手伝っていてそこでマシンシェイプを使っていて少し興味があり知人の紹介でマシン屋さんを紹介してもらいボードをスキャンしたのがきっかけで AKU のソフトを少し使い出しました。ソフトを使った第一印象は超簡単と思いました。元々 Illustrator や Photoshop などを使っていたのでソフト自体は結構簡単な感じでした。仕事の都合上何度かカットも出したしデータも調整とかしてたりとかもしてたのですが、やはりハンドシェイプの方が全然楽で早いので実際に使ったのは数ヶ月でカットもそんなに出さなかったです。それが 1 番初めで。 そして本格的に使い出したのが 2016 年からです。なんでこの年からサーフボードデザインソフトやマシンシェイプを始めたかというと WRV に加入してアメリカでシェイプするようになったからです。 1 番初めにアメリカに行った時に次に来る時はこっちでシェイプするから Shape3d のファイルがあった方が仕事がはかどると言われたので、帰国後にすぐにボードをスキャンする為に Shape3d を使えるマシン屋さんを探しました。まぁすぐに見つかります。そこからはカットしては調整の繰り返しで数ヶ月かけ 6 モデルぐらいのデータを作りました。 Shape3d のソフトは AKU に比べて少し難しいです。どう難しいかは使ってみればわかります。多分だけどマシンシェイプしかしてないフェイクシェイパーは大体 AKU のソフトを使っているイメージがあります。僕主観ですが …  イメージ AKU は初心者から使えて Shape3d は中上級者以上のイメージです。そして僕のソフトの使い方は多岐に渡ります。データを使ってカットはもちろんですが、データを使ってハンドシェイプもします。PC上にデザインのデータがあり、それを紙に書き出し、ハンドシェイプをします。自分自身がマシンと同じ役割をすると言うことで、マシンシェイプとハンドシェイプの仕上がりにギャップもほとんどありません。もう最近では当たり前ですがなんせモデル数が多く覚えきれないのが現状です。年齢もありますが …  よく出るモデルはもちろん全て把握していますが、削

マシン始めました。の話 完結編。

イメージ
今回は実際にマシンを持って思う事。( ハンドシェイプが出来る本物のシェイパー編) まずはボードを 1 本シェイプする過程の比較   ハンドシェイプの場合。 1. 朝起きる 2. シェイプルームに行く 3. オーダーシートを見る 4. ブランクスを選定する(モデルごとに決まったブランクスがあります) 5. シェイプ開始 6. シェイプ完了。モデルやスタイルによるがシェイプ時間約 1 〜 2 時間 ( 稀にもうちょい )   マシンシェイプの場合 1. 朝起きる 2. オーダーシートを見る 3. パソコンに向かいデータを調整する。 4. パソコン上でブランクスの選定と CNC 設定をする。 5. カットルームに行く。 6. マシンを起動させる。 7. ブランクスをデータ通りにセットする。 8. マシンでカット開始。 ( その間ボードを 1 度ひっくり返す ) 9. マシンのカットを終わるのを待つ ( 約 30 分 ) 10. カット終わったら正確にカット出来てるか軽くチェック。 11. シェイプルームでシェイプする 12. シェイプ完了。 ( モデルやスタイルによるがシェイプ時間 15 分から 45 分程度 13. マシンのメンテナンスをする。(またこのメンテナイスが...って感じです。彼見た目によらずか弱いので...)   両方に共通する掃除ありますが1本のシェイプでは掃除しないので除外。   僕みたいに完璧にハンドシェイプ出来るシェイパーにとっては自身でマシンを動かす場合は明らかにハンドシェイプの方が楽です。逆にマシンシェイプの方が 1.5 倍ほど大変でおまけにカットミスするリスクがあります。仮にミスすればお金も時間も倍かかります。もしそうなった場合 2 倍から 3 倍大変って事になります。ハンドシェイプではミスはほぼありません。 ( たまにブランクスの不良があるくらいですがそれも大体は早期に発見しますのでやり直したとしても倍時間がかかる事まずはありません。 そうなって来るとなんで本物のシェイパーにマシンが必要なのと言う話になります。ようはマシンカットは別の従業員に行わせて、自分はデータ作成とスムージングのみを担当することにより大幅に生産数を上げな

マシン始めました。の話 その2

イメージ
その後はまぁ問題やトラブル続きでしたね。 前半はあまり面白くない内容なので飛ばしても大丈夫ですよ ! 先ずは送金問題、過去に誰か達がマネーロンダリングや不正送金の数々をした影響なのか分かりませんが日本からの海外送金の基準がかなり厳しくなってるみたいで特に個人の僕、初回、そして南米に送金という事でかなりチェックに時間かかりました。そして、こんな送金が難しいと知る前、なんか送金を上手く手配してくれると言う人が現れ、じゃあ簡単に出来るのならと思いお願いしたのですが、 2 週間以上待っても連絡来ず …  そして様子見の電話を入れたら「自分には送金出来ません」と一言 …  はっ ⁉︎ って感じでしょ?おまけにその間何もしてなかった模様。じゃあ初めから言うなよと自分で手配。始めに書いた通り海外送金は審査が厳しいです。自分でやりましょう。お陰で送金が 1 ヶ月以上遅れ、それに伴い契約も遅れ、契約時の納期も遅れてこの時点でもう散々 … 決断した時にも思っていましたが、丸損するかもと思いました。だって簡単な一歩目からつまずく始末 … その後はパンデミック問題、世界的に全ての物が品不足になる中もちろん材料も品不足。待てど暮らせど組立が一向に始まらない …  なんとか組立が始まった頃にはもう契約時の納期、そこからもパンデミックの影響でロックダウンなどあり中々進まない …  これ以上は書くの面倒なので省略。。。 次はコンテナ問題、これもパンデミックで世界的なコンテナ不足と運賃が大高騰。特に価格は手配の方法で天と地ほどの差。手配時にもあーでもないこーでもないとトラブル。これも長いので省略。。。 まぁなんとか完成したと連絡。そこからバラし箱詰めもまぁまぁ時間を要してついに発送されたが、まぁ予定通り来るわけもなく少し遅れる。ここまで総合的にはこのパンデミックの中、製造元は良く頑張ったと思います! 遅れは 4 ヶ月程度。まぁパンデミックでなくても海外相手ならこの程度は遅れる事もあるでしょう。まぁ許容範囲。優秀です!船も頑張りました!とりあえずは事あるごとに全てにつまずき、そして全てなんとか解決。コンテナ代もまぁまぁ損しましたが … そして最後に厳しすぎる入国規制問題、まぁこれはこの何年か厳しすぎましたね …  自分も渡米を何度キャンセルした事か …  もちろん組立設置のため

マシン始めました。の話 その1

イメージ
予告通り続きを。 まず、1 年半ぐらい前にマシンを持とうかなと思い探し始めた。何故持とうかと考えたかというと、この話の始まりは今後、後々を考えて工場サイドの従業員を雇わないと今後展開を広げるには限界があると思い従業員を探そうと思いました。そして従業員を雇うにあたりまずは社長力的な参考書を読んで少し勉強。すると従業員を雇う事はかなりリスクを伴うし、考えている以上にお金と労力が必要だという事を知る ( 参考書のみ情報ですが )そして身近な経営者たちに話を聞くが人を雇うのはかなり難しく根気がいるとの印象... そしてそれを行おうとするのは昭和よりの職人かたぎの自分... そして、 なんせこのサーフィン業界は周りを見渡せば裏切り者の巣窟でかなりヤバいです。だから素直で騙されやすい僕は雇うならサーフィン関係ない人が良いなと思いました。次にどんな感じの人を雇ってどのパートを担当させるか考えました。なんせサーフボードを作るには相当な経験と技術が必要。僕の性格上、新たな従業員に完璧に仕事を任せられるようにさせる教育という超難関が... 相当時間をかけないと任せられそうなパートが生産には無さそうだなと思いました。すぐに出来るのはリペア程度。そこで候補に上がってきたのが機械。機械なら持ち主を裏切らない、教えなくても確実な仕事をしてくれるし残業も出来る。電気があればですが …  あとその機械の操作はその辺のパートのおばちゃんでも出来そう。それを管理するのが自分である限りカットのクオリティーは最大限に上げられると考えました。これまで 20 年以上をハンドシェイプでシェイプしてモデル数は 20 近く、完全にハンドでサーフボードを再現出来る僕にとってはマシンは然程重要なツールではありません。そして今までマシンは主にアメリカで使っていました。そしてその理由は短い滞在時間で大量のボードを定時で仕上げそして工場以外の場所で多くの人と時間を共にして交流を持つために必要不可欠。そして今回の目的は自分が渡米している間にカットが終わっていたり、僕以外の人がオペレートすることによりシェイプ時間を短縮、その分自分の時間を他の取り組みに当てられる、あと何しろ世界有数のシェイパーは当たり前にマシンを持っている。世界の頂を目指す僕にはとりあえず必要かな、とりあえず持ってみるかという感じでした。 そしてその方向で少

マシン始めました。の話

イメージ
春もすぐそこ、マシン始めましたって話。今回は。 今までも渡米時や日本でもデータ調整でボードをマシンにはかけていましたが、そう言う意味での始めましたではありません。マシンを所有したと言う事です。 そして、今後マシンよりのブログを数回に分け書きます!書き切ります!多分、笑。 で、書こうとしているブログの大雑把にあらすじを説明すると 1. 自分がマシンについてのこれまでどう考えていたか、そしてなぜマシンを持とうとしたか 2. 今回のマシンゲットまでの経験の話。今回はまさにチャレンジでした。自分で未開の地のマシンを見つけ出し、このパンデミック下で全ては予定通りに行かず、でも奮闘して、終始不安が 95% 言い方変えれば期待はしていなかった。そしてバラバラで届いた部品を自分で全て組立、リモートでセットアップ ( 外国人の入国規制が厳しすぎ …) 3. そしてある程度思い通りにマシンを使えるようになり、今思うこと この 1 年強で僕がチャレンジした事を数話にわたりブログにしようと思います。 そして、マシンは車みたいに日本国内にちゃんとした正規の代理店などが無いので全てのリスクを自分で背負う覚悟で臨まなければなりません。仮に代理店があったとしてもよっぽど大きなちゃんとした会社又は人間が間に入らない限り逆にそれもリスクです。ですから製造者 ( 開発者 ) と直接交渉する事はすごく重要と思います。何故ならば色々な事に対して常にリスクが付きまとうからです。仮の話、販売だけ請け負っている人たちが耳障りの良いことだけ言ってきて契約したが、その人たちがお金を持ち逃げすればそこで全て終了。どこにでもリスクは潜みます。また大手のマシンでも、個人製作のマシンでも明日その会社が倒産すればその後全てが難しくなります。特に海外相手となれば保証はあって無いようなものです。常にリスクとは隣合わせ。 WRV の契約の時も感じましたが、あらためてまだインターネットがない頃に同じような事をしていた先人は立派だと思います。自分の場合はインターネットがあるからまだマシです。とりあえず相手とは簡単に連絡は取れますから。その他は一緒なのかな??? ですから僕が海外向けにチャレンジする際に人伝の紹介は一切受けずに相手と初めから直接関係を築きます。人を間に入れると言う事は僕はリスクととらえま

忙しくて時間がないと言う話

イメージ
なんか仕事がすごく忙しく時間がありません。みんなはどうしてるのかな? 自分はとりあえず 1 日 24 時間働きます。それではアメリカにいる友達たちはその場合どうすると思いますか?彼らは「忙しい忙しい時間がない」と言いながら 9 時から 5 時までしか働きません。どちらかというと 9 時から 5 時までが忙しいのです。そして今日終わらなかったことは明日すると言う感覚。それが毎日積み重ねられるのでそんなに重要じゃない数カ月前の案件はそのまま放置なんて事はよくあります。そして仕事以外の時間はガッツリプライベートなのです。アメリカの場合、夏ならタイムゾーンにサマータイムもあるので仕事が 5 時に終わっても夜 9 時過ぎまで明るいのでサーフィンも出来るし、明るいうちから酒場に繰り出すとかまさにハッピーアワーって感じの時間を過ごしたり、家族で過ごしたり、とりあえずプライベートな時間をすごく大切にしています。彼らの人生における優先順位では仕事は限りなく低いのかなと思う。 24 時間仕事人間の自分?日本人?には初めは理解出来なかったです。現にアメリカに行き始めの頃は朝早くから夜中までシェイプルームにいる生活をしてました。徐々にあっちの生活習慣になれて最近では僕自身もアメリカにいる時はまぁまぁ忙しくても 9 時 5 時でしか仕事をしなくなりました笑  というたわいもない話。  

買い物 と 開拓者 の話

イメージ
 なんか自分の書きたいことを自由に書くために始めたブログが早速数ヵ月更新しないという典型的な状況に陥っていましたが、それも自由。 サーフボード屋さんなので夏に差し掛かり忙しくなり仕事に追われる日々でした...今年は樹脂カラーやブラシの割合がかなり高く8割強は色物、最近は少しクリアの割合が上がってきている気がしますがカラフルなボードのオーダーが多いです。 そして話は変わり、 今年は少し大きな買い物を2つして、1つは秘密ですがもう1つは最近買った不動産でこの2週間ぐらいは庭いじり的な?やることが多すぎて半分開拓的な?事してます。もちろん仕事の合間なので忙しさ継続のタダ働き多しな感じ。抜かなきゃならない木が結構あり7割がたは友人にユンボで抜いてもらい、3割がたはスコップ1本で自力で抜きました。途中ギックリのアクシデントがあり数日仕事を休みましたが、もうほぼ完了! それにしてもスコップ片手に黙々と作業してると意外に頑張れる自分に気付き、前世は日本人で楽園だと騙され途上国に連れて行かれて森を開拓させられた開拓者たちの中の1人だったのかなとくだらない事を考えながら作業してました。でも森を買ったわけではなく建物を買ってそこの庭に不要な木が少し多めに植わってて少し頑張って抜いただけで開拓者ぶっているという話。まぁとりあえず頑張ってます笑